和歌山での立てこもり事件で、警察は31日午後6時40分に自ら拳銃で腹を撃ったという溝畑泰秀容疑者(45)の身柄を確保しました。 (勝田和宏ディレクター報告) 現場のカメラマンが午後6時40分ごろに1発、乾いた音を聞いたという話を聞いています。



一昨日、和歌山で母親が経営する建設会社で次男の男が従業員4人に銃で発砲し、1人が死亡する事件が発生しました。犯人の溝畑容疑者は、銃を二丁所持し逃走していましたが、昨夜事件が起きた現場の近くのアパートに立てこもり、警察が説得し続けたが、自らの銃で腹部を撃ち、近隣の病院へ搬送されました。生死は、不明です。